救いの宮 益救神社

屋久島の総氏神様 救いの宮 益救神社

御由緒・御祭神

御由緒

益救神社は、天照大御神の曽孫にあたる、天津彦彦火火出見尊(山幸彦)をはじめと
した、山・海の神々7柱をお祭りしています。
 創立年代不詳ですが、927年に勅命により編纂された
「延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)」に
「大隅国馭謨(ごむ)郡 一座 名神 小 益救神社」と名前が登載されています。
 豊かな水と緑に恵まれた屋久島は、古くから航海者たちの重要な目印であり、
水や食糧を補給する寄港地でした。
そのような島の役割から、「益々救われますように」、「今後もますます救ってく
ださる神様のお宮」という感謝の思いが込められて、神社名に「益救(やく)」の
文字があてられたと考えられています。

御祭神

益救神社では、山・海の神々をお祀りしています。

天津彦彦火火出見尊(あまつひこひこほほでみのみこと)
大山祇尊(おおやまずみのみこと)
木花開耶姫尊(このはなさくやひめのみこと)
塩土翁尊(しおつちのおきなのみこと)
豊玉彦尊(とよたまひこのみこと)
豊玉姫尊(とよたまひめのみこと)
玉依姫尊(たまよりひめのみこと)



奇盤牅尊(くしいわまどのみこと)
豊盤牅尊(とよいわまどのみこと) 

ページのトップへ

お問い合わせ